結露対策グッズをご紹介!原因の温度差を失くすためには…


冬場の悩みといえば、冷え、腰痛、そして結露

毎年のように、人と家を苦しめます…毎朝が結露の拭き掃除からっていう人は多いはず!

一般に結露といえば、表面結露のことをいい、壁や窓に水滴を発生させます。そして最も多い事例が、窓ガラスやアルミサッシで発生する結露。

発生原因は、居住者のライフスタイルが原因であることが多いんです。

例えば

  • 換気をしない
  • 部屋を暖め過ぎて、外との温度差が激しい
  • 部屋干しなどで、室内の湿度が上昇

など。結露を放っておくと『カビ』や『家の腐食』の原因にもなるので、早めの対応が必要です。

以下で、『結露の原因』『結露対策』結露対策グッズをご紹介します。

結露はどうして起こるの!?その原因は

keturo3

結露の原因は、部屋の中と外との温度差

結露のメカニズムとしては、室内の暖められた空気が、外気で冷やされたガラス面や壁面に触れることで急激に冷やされ、窓や壁面に空気中の水蒸気が水滴となって現れるという仕組みです。

鍋など料理をするときは換気が必要になります。湯気が上がり、室内の水蒸気量は増えるからです。

温度差をなくすために、窓などの開口部に断熱性能の高い『二重窓(ペアガラス)や断熱サッシ』などを用いると、「中と外の温度差」が縮まり結露は発生しにくくなります。

スポンサーリンク

冬の結露の防止対策

keturo2

基本的な結露防止対策として、次の方法があります。

  • 室内の水蒸気量(湿気)を減らす
  • 温度差を無くすため、結露が発生する壁や窓の表面温度を上げる

本格的な方法だと、断熱補強や1日中暖房(水蒸気を発生させない暖房器具で!)させておくことです。でも、お金がかかります…

そこで”比較的安価で”かつ”簡単な”方法が、『換気』と『除湿』そして『簡易断熱』です。

換気と除湿は、おもに室内の水蒸気量を減らし、結露の原因である湿気を落とせます。タダでできる換気は、非常に有効な結露対策。寒いですが…

また、除湿機や除湿剤を用いることで強制的に湿度を落とせます。除湿剤の場合は、即効性が低いので、除湿機のほうがオススメ!冬場だけでなく、梅雨の季節にも。衣類の部屋干し派であれば、フル稼働。1台あれば、何かと役立ちます♪


『除湿機』の詳細はコチラ

そして、最近、人気の結露対策が、安価な対策グッズを使った『簡易断熱』です。

スポンサーリンク

結露対策便利グッズ

「窓ガラス」の結露対策

簡易の二重窓

小窓であれば、8,000円ほどの低価格で、簡易の二重窓(ペアガラス)を作ることができます。実際の窓との間にできる”空気の層”が、室内と外気との温度差を和らげます。また窓からの冷気も妨げます!現在、人気急上昇中のグッズ♪


『二重窓 エコな簡易内窓キット』の詳細はコチラ

窓ガラス用結露防止シート

窓ガラスに貼り付けて結露しにくくするシートです。以前に比べて価格が安くなっているので、気軽に購入できます♪水貼りができるので、取り付きも簡単。


『窓ガラス結露防止シート』の詳細はコチラ

サッシ用断熱テープ

窓から冷気の30%は、アルミサッシから発生します。アルミサッシにも断熱テープで対策を!


『サッシ枠断熱テープ40』の詳細はコチラ

できてしまった結露には、このグッズ

結露吸水テープ

窓ガラスに付いた結露を強力に吸いとり、壁・床の腐食やカーテンやカーペットのカビを防ぎます。幅も数種類販売されているので、場所や用途に合わせて、使い分けれます。はがす際ののり残りが少なく、簡単にはがせます。

以前は、灰色などの単色ばかりでしたが、最近では絵柄も多くあり、窓を彩ってもくれます♪


『吸水テープ』の詳細はコチラ

水滴取りワイパー

窓ガラスや壁に付いた水滴を集めて、タンクにためていく水滴ワイパーです。

発生した結露の水だれは、通常拭き取りますが、これがあれば簡単♪ワイパーヘッドが360度回転するので、場所に合わせてヘッドの角度を変えられ、足下の窓から浴室の天井まで拭くことができます。貯水のタンクも大容量(300ml)なので安心。使用後のお手入れも簡単。


『結露取りワイパー』の詳細はコチラ

結露防止スプレー

結露の発生自体を防止するものではないのですが、結露の水ダレの発生を防止し、蒸発を促進する親水性のスプレーです。シュシュと吹いて、塗るだけ。


『ソフト99 結露の水滴防止』の詳細はコチラ

「押し入れ」対策

keturo1

押し入れの結露対策には、次の3つがおすすめ。

  • 除湿剤を置く
  • スノコを敷く
  • 定期的に扉や引き戸を開けて換気

窓対策と同じくらい重要で、忘れがちなのが『押し入れの結露対策』。

押し入れ用結露対策には、昔ながらの除湿剤が1番使い勝手がGood!

さらに、湿気を吸うことで有名な『ダンボール箱』を適度な大きさにカットして、押し入れに入れておき、1ヶ月に一度交換するという方法もあります。

またスノコを床面や壁に置くこともおすすめ。湿気を効率的に逃がします。そして、定期的に扉や引き戸を開けて換気し、湿気を逃がしてください。

結露は、カビの原因になります。押し入れの壁面に付く結露を予防し、布団や衣類をカビから守りましょう!


『水とりぞうさん』の詳細はコチラ


結露対策をおこたると、カビの発生や、家そのものを腐食させます。

簡単な事前対策さえ、ほどこせば、その後は手間がかかりません。

結露対策は、簡単なグッズから!

スポンサーリンク