一戸建ての防犯対策!まずは窓から


家の防犯対策は、どうされていますか?

我が家だけは、安心と油断していませんか?空き巣などの泥棒は、いつでもどこでも狙っています。

高い防犯意識を持って、年々増える空き巣などの侵入窃盗犯罪から『大切な我が家』を守りましょう!

dorobo4

一戸建ての防犯対策のポイントは、場所に応じて適切な対応をすること。

戸建て住宅に対する泥棒の侵入手段は、窓からの侵入が多くの割合を占めています。家族が安心して暮らせるよう、まず、まわりの防犯対策を進めましょう。

以下で、「空き巣について」「窓まわりの防犯対策」「玄関まわりの防犯対策」「外まわりや庭の防犯対策」について書いています。

スポンサーリンク

空き巣が急増中!

dorobo

特に最近はピッキング(特殊な工具を使用し簡単に鍵を開けてしまう)を使った組織的な窃盗グループによる犯罪が激増しています。

犯罪は巧妙化・組織化していることを覚えておいてください。

空き巣の侵入経路

侵入に10分以上時間がかかると泥棒は、侵入をあきらめます!

dorobo8

  1. 窓からの侵入:55%
  2. 勝手口からの侵入:23%
  3. 玄関からの侵入:21%

空き巣の侵入時間

意外なことに、空き巣は、明るい昼間の犯行が多く、午前10時〜午後4時の時間帯の被害が最多です。

「学校や共働きの仕事などで、不在が多いこと」だけが理由でなく、居空き(在宅時の隙を狙って侵入)による被害が多いことも一因。昼だから安心と思わずに、十分な戸締まりをするように心がけてください。

また、夜の就寝時は、忍び込みによる泥棒が急増します。2階以上のお部屋であれば、就寝時こそ、防犯対策が必要!

スポンサーリンク

窓まわりの防犯対策

dorobo1

泥棒の侵入箇所でいちばん多いのが「」。戸建て住宅の場合、被害の8割以上が、無締まり・ガラス破りなどの窓からの侵入です。※無締まりとは、開いている窓からの侵入のこと。

しかも昼間の明るい時間帯(午前10時〜午後4時)が多いという意外な事実があります。(警視庁統計より)

1階の窓だけでなく、雨どいや配管をつたって2階や3階からも侵入します。プロの泥棒に対しては、「こんなところから入ってくることはないだろう!」とは考えてはいけません。ガラスを割って鍵を外されると、もう侵入し放題。

「周囲の目の届かない窓」にしっかり施錠・防犯対策をすることはもちろん、防犯対策グッズを使って、「防犯意識の高い家ですよ!」と知らせる演出も重要です。

bouhanmado

ガラスセンサー(防犯アラーム)

ドアや窓を開けた時だけでなく、振動も感知して警報音で知らせるので、窓を割ったりこじ開けようとすると、すぐに作動します。窓に取り付けられたセンサーが、外から見えるだけでも、泥棒にとってイヤなものです。


『薄型ウインドウアラーム 衝撃&開放検知』の詳細はこちら

補助錠

つっかえ棒式

窓のサッシ部分に両面テープで貼り付けるだけ、窓をしっかり固定。使い方も簡単なプッシュ式で、すごく簡単♪

手軽な窓の安全策です。


『ワンタッチ・シマリ』の詳細はコチラ

置き型式

窓の水返しに簡単取付け、固定する力も強力な『サッシ用補助錠』です。窓を開けて固定することも可能。窓の防犯では、有名ですよね。


『ウインドロックZERO 3個入』の詳細はコチラ

クレセント用電子ロック

クレセント錠の回転防止装置です。威嚇効果のある点滅ランプつきで、無理に解錠しようとすると警報音が鳴り響きます。


『クレセント電子ロック』の詳細はコチラ

防犯窓用フィルム

泥棒が窓を割って入ろうとするのを防ぐ窓ガラス用強化フィルムで、ハンマーでも簡単には破れません。クレセント錠周辺に貼ると効果的です。凹凸ガラス用もあります。


『防犯フィルム』の詳細はコチラ

後付け面格子

面格子とは、「防犯や装飾のために窓の外側全面に、木や鉄などの棒を格子状に取り付けたもの」。面格子が付いていない窓にも、後付けで取り付けることができます。

「周囲の目の届かない窓」や「雨戸のない小窓」など、見落としがちな所ほど、防犯対策が必要!

入りにくい家だとわかることがいちばんの防犯対策。面格子を取り付けるだけで、防犯効果がアップします。

『面格子』の詳細はコチラ

スポンサーリンク

玄関まわりの防犯対策

dorobo3

泥棒は、意外にも閉め忘れた玄関や、合鍵を見つけて侵入することが多いのをご存知ですか?

普段からの心がけが大切です。合鍵を郵便受けの裏側や鉢植えの下に置くなどは論外。まずは防犯の意識を高め、侵入されないための対策をはじめましょう!

そして、ピッキングやサムターン回しなどの不正解錠を防ぐために、ピッキングが不可能な複雑な鍵に取り替え、補助錠やドアの隙間を塞ぐ補助プレートを付けるなど、解錠に時間がかかるようにすることが大切です。

ワンドア・ツーロックでの時間稼ぎが効果抜群。泥棒も断念します♪

補助錠

補助錠を取り付けることは、防犯の基本です。破壊に強い頑丈な補助錠を選んでください。


『防犯室内補助ロック』の詳細はコチラ

防犯性の高い鍵への交換

メインとなる主錠は、ディンプルタイプ(小さなクボミがあるタイプ↓)のキーに交換するなどの、ピッキングに強い防犯性の高い鍵にしましょう。

防犯プレート

ドアとドア枠の隙間から、バールなどで鍵をコジ開ける犯罪を防止します。バールは、泥棒が良く使う道具です。ドアの破壊を未然にガード!


『外開きドア用 ぼー犯プレート』の詳細はコチラ

サムターンカバー

「サムターン回し」は、ドアに開けた穴から器具を差し込んで、サムターン(ドアロック)を解錠するもの。泥棒がドアを解錠する有名な方法。

サムターンカバーで防ぎましょう。ドア室内側のサムターンをガードして、不正解錠を防ぎます。


『サムターン回し防止具』の詳細はコチラ

ドアガード/ドアチェーン

ドアを開けて応対する時、それ以上は大きく開かないよう固定してくれるので安心。昔からある、基本的な防犯アイテムです。


『外開きドア用取替ドアガード』の詳細はコチラ

リモコン式ドアアラーム

ドアが開くと警報音で知らせます。リモコン操作もできるので、帰宅時の解除が簡単。ピッキングで鍵が破られても警報音で、家を守ります。


『ELPA リモコン式ドアアラーム』の詳細はコチラ

外まわりや庭の防犯対策

dorobo5

泥棒が『非常に気になる防犯設備』として挙げるのが、防犯センサー防犯ベル飼い犬など。防犯システムに連動している可能性のあるセンサーライト防犯カメラも効果が高そうです。

警察の見解では、「侵入時の音や光による威嚇に対しては最大限の退散効果がある」といわれています。泥棒が嫌う「音」と「光」で室内・外まわりを強化して侵入を未然に防ぎましょう!

見落としがちなのが「勝手口」。勝手口の戸締まりもいいかげんにしてはいけません。二重ロックで玄関同様に対策を。閉め忘れにご用心。

合言葉は、『夜は光で、昼は音で不審者を撃退』。

センサーライト

赤外線で人や車を感知して自動点灯します。防雨タイプ、ダミーカメラつき、チャイムと連動したものなど多くのタイプがあります。


『LEDセンサーライト(2灯式)』の詳細はコチラ

防犯カメラ

防犯カメラは、犯罪の証拠を記録するとともに、犯罪そのものを抑止する効果があります。画像記録装置には、パソコン連動などいろいろな機種があります。


『防犯カメラ』の詳細はコチラ

24時間プログラムタイマー

留守中でも、室内の照明器具の点灯・消灯をコントロールできるタイマーです。電気器具を繰り返し自動でオン・オフできます。

帰宅が遅くなる日は、夕方暗くなる頃に点灯するようセットしておきましょう。一人暮らしの女性にオススメ。


『デジタルプログラムタイマーⅡ』の詳細はコチラ

カラーテレビドアホン

セールスや勧誘、怪しい訪問者に対して、最初の窓口になって守ってくれるのがインターホン。テレビモニターがついているより安心ですね。


『Panasonic カラーテレビドアホン VL-SV36KL』の詳細はコチラ

庭づくりの工夫

外から見通せる庭は、泥棒の侵入を抑止するものです。なのでブロック塀よりも、隙間のある生垣、低い植え込みがおすすめです。

また周囲に、踏み込むと音が出るよう加工された防犯ジャリを敷いておくと効果的です。踏むとジャリジャリ手軽に防犯対策。


『アイリスオーヤマ 防犯砂利』の詳細はコチラ

防犯アドバイス

dorobo2

泥棒対策には、留守だと分からせないよう装うことも自衛策として大切です。外出する際は、以下のような在宅の演出を心がけましょう。

  • 昼間の外出時は、レースのカーテンを引く程度にする。
  • 夜間外出時は、室内灯をつけておく。
  • 留守番電話の応答メッセージには、「来客中ですので、メッセージをどうぞ」と入れる。
スポンサーリンク

あると便利用品

笛(ホイッスル)

泥棒が侵入した時や、外出先で身の危険を感じた時に使いましょう。相手をひるませる効果もあります。笛を吹くだけで単純だからこそ、すごくオススメしたいアイテム!


『デカ音緊急ホイッスル』の詳細はコチラ

防犯ブザー

携帯する防犯ブザーで、泥棒の侵入時や不審者に遭遇した時などに使います。とっさの場合でも簡単に操作できるものが多く、周囲に大きな警報音が鳴り響きます。


『防犯ブザー』の詳細はコチラ

金庫

大切な書類、通帳などを保管し、火災などから守ってくれます。防犯のためには防盗型(重い、破壊に強い)がおすすめ♪


『ダイヤル式小型耐火金庫』の詳細はコチラ

防犯ステッカー

「警報装置作動中」「防犯カメラ作動中」などのステッカーを貼るだけでも、不審者侵入の予防になります。


『防犯ステッカー』の詳細はコチラ

ダミーカメラ

ダミーとはいえ、これがあるのとないのとでは、泥棒の侵入率にも違いがあります。入る気にさせないことが、最大の防犯!ただし見破られない工夫を。


『ダミーカメラ』の詳細はコチラ


泥棒は、心の隙を狙って、大切なものを奪っていきます。

一番の防犯対策は、高い防犯意識。「泥棒に狙われているかもしれない!」と思うことが大切。

日頃から「万が一」に備えておきましょう!

スポンサーリンク