電気毛布や電気湯たんぽを付けて寝ると、睡眠の質を落とす


電気毛布電気湯たんぽなどの暖房器具が、睡眠の質を低下させることもあります。

人は、睡眠状態に入る際、徐々に深部体温(コア体温)を落としていきます

深部体温とは?

身体の内部の温度のこと。コア体温ともいいます。体温計で測るのは皮膚温度で、深部体温は皮膚温度よりも3〜4℃ほど高くなります

そして、深部体温の熱は、身体の末端である手足から放熱する傾向があります。

スポンサーリンク

温め過ぎは熟眠の敵

一晩中ずっと温かいままだと、睡眠時に起こる”自然な体温低下”を妨げてしまいます。

そのため、電気毛布や電気湯たんぽを付けっぱなしにしていると、熟眠を妨げ、睡眠の質が低下してしまう可能性があります。

冬でも、布団を蹴飛ばしていることってありますよね。それは、深部体温を下げようとする”無意識の行動”。

コタツで寝てはダメ

同様のことは、コタツで寝る際にもいえます。

冬の寒い環境下、コタツの温かさは心地よく、つい寝てしまいます。ですが、深部体温の低下を阻害するだけでなく、脱水症状も起こります。

ノドの渇きのため、目が覚めてしまいます。このように、中途覚醒の原因にもなるので、眠たくなったら、布団に移動しましょう。

お湯の湯たんぽは問題ない

電気湯たんぽではなく、”お湯を入れて使う湯たんぽ”の場合は、徐々に冷めていくので問題ありません。

スポンサーリンク

温めるのは布団に入るまで

電気毛布や電気湯たんぽを使用する場合は、眠る前までの間、布団を温めるために使用してください

そして、スイッチを切ってから寝るようにしましょう。

まとめ

手足が冷えすぎていると、血液循環が悪く、熱を拡散できず、体温がスムーズに下がりません。

そのため、手足などを温める電気毛布や電気湯たんぽは、非常に便利なアイテムになります。特に冷え性の人は、手足を温めるのに使うと効果的。

ですが、寝具の暖房器具を付けっぱなしで、寝てはダメ!

心地よい睡眠のために使われる暖房器具が、逆に睡眠の質を落としてしまいます。

スポンサーリンク