夢に色付きと色なしがあるのはなぜ?意味はあるの?


睡眠中に見る夢には、色が付いていますか?

睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠があり、それぞれの特徴としては、次のようになります。

種類 眠りの深度 主な回復箇所
ノンレム睡眠 深い眠り 脳と心
レム睡眠 浅い眠り 身体

ちなみに、ノンレム睡眠中にもレム睡眠中にも、夢は見ます

ですが、夢を見るのは、レム睡眠中がほとんどです。

スポンサーリンク

レム睡眠の脳は活動的

レム睡眠のときは、色がついていたり、夢の内容に文脈があることが多いようです。

それは、脳が活性化しているためです。レム睡眠中は、

そして、主に記憶として残るのは、このレム睡眠中の夢。

ノンレム睡眠中は色がない?

ノンレム睡眠中の夢には、色がついていないことがあります。さらに、ノンレム睡眠中の夢には、文脈や情動要素がなく、意味不明なものが多いといわれます。

また起床後、夢の内容をあまり覚えていません。

それは、ノンレム中の脳は休息をとっているため、脳機能が低下しているからです。

スポンサーリンク

まとめ

以上のように夢に関しては、『脳の休息』と深い関係が考えられます。

絶対ではありませんが、色付きの夢は、浅い眠り中に多く、色なしの夢は、深い眠り中に多いといえそうです。

  • 色付きの夢→浅い眠りで見る夢
  • 色なしの夢→深い眠りで見る夢

色がない夢を見ることは、身体の異常ではありません。安心してください。

スポンサーリンク