子供への読み聞かせは睡眠の質を下げる?


親は、子供が眠る前に絵本などを読み聞かせしますよね。

読み聞かせの効果は、『子どもの興味、情緒的発達、想像力、言語能力を刺激し、子どもの創造力を育くみ、言語能力を高め、人間関係を豊かにする』と、多くの心理学者が報告しています。

スポンサーリンク

子供は興奮して眠れない?

就寝前は、心を落ち着かせるために、副交感神経を優位にすることが大切です。

「寝る前に読み聞かせをすると、子供は興奮して眠れなくなのでは?」と考えたことはありませんか?

答えは、問題ないです。子供にとって、自分を守ってくれる親の声は、一番心が落ち着きます。

子どもの精神状態を落ち着かせるための最も強力な道具は、親の声であるともいわれています。

子供の安眠には読み聞かせが一番

なので、親が子供のそばで、読み聞かせをすることは、眠る前の過ごし方として、とても適していて、大きなリラックス効果が期待できます。

大好きなパパやママが身近にいて、優しい声を聞いていると、心が落ち着き、安心して眠ることができます。

ジャングルや森の中で、眠ることをイメージしてみてください。不安で怖くて、熟睡なんてできないですよね。

子供にとって、親がいない暗い部屋は、ジャングルと同じ。

スポンサーリンク

絵本くらいがちょうど良い

眠る前の読み聞かせは、子供を落ち着かせることが目的。長すぎる本だと、頭を使うので、脳を興奮させる可能性があります。

その点、絵本くらいの長さだと内容も簡単なので、すんなりと子供の頭に入ります。

明るすぎない部屋で、ゆっくりと読もう

子供が眠りやすいように、読み聞かせをする際には、あまり明るすぎない環境でするといいでしょう。

また、ゆっくりと読むことで、子供の入眠がうながされます。

スポンサーリンク