寝酒をすると眠りやすいのか?


「眠る前にアルコールを飲むと、よく眠れる」といわれることがあります。

確かに、アルコールを飲むと、ほろ酔いになって、心地よく眠れることがあります。お酒を飲むとすぐに寝てしまう人が多いのも事実です。

ですが、寝酒の習慣がある人は、睡眠の質を低下させていることが多いのです。

スポンサーリンク

「早く眠れること」と「良い睡眠」は違う

入眠後、睡眠は、以下のサイクルを繰り返します。

浅い眠り→深い眠り→浅い眠り→深い眠り…

良い睡眠において、重要となるのは、脳と心の疲労回復をおこなう『深い眠り(ノンレム睡眠)』。

お酒を飲んだ後の睡眠は?

アルコールで眠れるのは、あくまで入眠時のみ。

アルコールで入眠したあとは、最初の深い睡眠が出現した後の浅い眠りの段階で、目覚めてしまうこと(中途覚醒)が多くなります。通常であれば、再度、深い眠りに向かうのですか…

浅い眠り→深い眠り→目覚めてしまう(中途覚醒)

この中途覚醒が多くなるため、全体的な睡眠の質は悪化してしまいます。夜中に、「あれ?目が覚めてきた」って思った経験があると思います。

良い眠りとは、早く眠れることではなく、深い眠り(ノンレム睡眠)がしっかりとできる状態のこと。

スポンサーリンク

寝酒の習慣を続けると…

また、寝酒習慣を始めたばかりであれば、問題なく入眠できるのですが、慣れが徐々に形成されてくると、スムーズに入眠することさえできなくなるケースもあります。

お酒による耐性のためです。

さらに、アルコール中毒に発展することもありえます。

つまり、睡眠の質という観点においても、健康という観点においても、寝酒はあまりオススメできません。

スポンサーリンク