自宅でできる簡易撮影スタジオの作り方


ブログ用やヤフオク出品用に、自宅に簡易撮影スタジオを作りたくなり、手作りしてみました。

一人暮らしの方でも、スペースを取らず、必要な時に撮影スタジオを構築できるので、部屋が狭くて”無理”と諦めていた方は、ぜひ作ってみてください。

以下で、『自宅でできる簡易撮影スタジオの作り方』をご紹介します。

スポンサーリンク

簡易撮影スタジオに関する考え

狭い部屋で、撮影スタジオを作る上で大切なことは、次の3点。

  • 撮影時以外は、部屋のスペースを取らない
  • 簡単に設営、片付けができる
  • 収納時、スクリーン(背景布)を折りたたまない

撮影スタジオは、撮影時以外は不要なもの。部屋のスペースを犠牲するのであれば、合理性にかけてしまいます。

また撮影スタジオの設営&片付けに、時間がかかるのであれば、邪魔くさくなって、おそらく使わなくなるでしょう。

最後に、非常に重要なことですが、スクリーンを折って片付けると、毎回、アイロンでシワ伸ばしをする必要があります。非常に不便で、利便性に欠けます。

以上の問題点を解決するために、思いついたのが『アイリスオーヤマ 窓枠物干し(MW-260NR)』を利用すること。

室内物干しを使う

アイリスオーヤマ製窓枠物干しを使えば、物干し竿でスクリーンを吊るせる上、クルクルと巻けば、折りたたむことなく収納もできる。窓の上に設置すれば、部屋の邪魔にもならない。

さらに、室内物干しとしても利用できるため、部屋を有効活用できます♪

かかる費用も安く、スクリーン代を含めても、5千円以下で可能。

スポンサーリンク

スクリーンの画像

室内物干しは、以前に書いた記事を参考にしてください。

⇒【レビュー】アイリスオーヤマ 窓枠物干し(MW-260NR)

以下では、ヤフオクで購入した安価な”背景布(スクリーン)”の画像です。

到着したのが、次の箱。ヤフオクで購入したのに、なぜかAmazon?おそらくアマゾンのマーケットプレイスでも出店しているんでしょうね。

アマゾンでも1500円ほどで、売られています。

⇒NEEWER 1.8×2.8M 100%モスリン折り畳める背景布「白」

背景布

アマゾン・クオリティの梱包。安心感があります。でも、ガッツリと折りたたまれています。アイロンがけが大変そう!

サイズは、180cm×270cm。やっぱりこのぐらいは必要だと思います。

パッケージから出してみると、ガッツリと折れ線が…。のちにアイロンがけをしましたが、大変でした。まぁ、仕方がないことですが…

端には、”ほつれ止め”がされています。

吊るす際に、棒をさす箇所です。僕は、物干し竿を通します。

約7.5cmあります。

生地の状態ですが、頑丈な和紙のような感じです。とはいっても、和紙のように破けるようなことはないと思います。

透け具合を確認するために、ウクレレを置いて見ました。直接ウクレレにかぶせると、透けてしまいますが、少し浮かせてみると、ウクレレは全然透けません。

スポンサーリンク

撮影スタジオを設置する

アイリスオーヤマ製窓枠物干しの一般的な使用例は、次のような使い方です。今回、この物干し竿に、スクリーンを取り付けます。長さが2mあるので、横幅1.8mのスクリーンでも問題ありません。

アイロンがけをしていないので、シワが寄りまくっています。あくまでもイメージとして見てください。

スクリーンを物干し竿に通すと、以下のように撮影スタジオになります。

大きな物も十分撮影可能。さらに、スクリーン(背景布)の裏にテーブルなどを置けば、小物類の撮影もしやすいと思います。

収納時は、上段に置けば、日常、邪魔になりません。また、ハンガーとしても、ちゃんと機能します。

感想

頭でイメージしていた通りのものができました。これで気軽に大きなものから、小さなものまで写真撮影ができます。

あとは、照明器具が欲しいですね(笑)デスク用の照明器具だと、光量が弱くて、撮影しづらいですから…

⇒『アイリスオーヤマ 窓枠物干し』の詳細はコチラ

スポンサーリンク