バッテリーの補充電・初期充電の方法


バッテリーは、放電するので徐々に弱っていきます。

エンジンが始動しなかったり、ホーンの音が弱かったり、ウインカーが点滅しない場合などは、バッテリーが弱っている証拠。

そんなときは、『補充電』を行ってください!放電したまま放置すると使用できなくなりますよ。

また、新品バッテリーは、使用前に初期充電が推奨されています。

以下で、『バッテリーの補充電・初期充電の方法』『オススメのバッテリー』をご紹介します。

スポンサーリンク

補充電の方法

補充電をするには、バッテリーチャージャー(充電器)が必要になります。僕は、あえて古いバッテリーチャージャーを使用しました。今回は、「原付バッテリーの充電」です。

bch0

⇒『バッテリーチャージャー』の詳細はコチラ

※2本の充電コードを付けてから、電源コードをさしてください。

①先ず、充電器の+側の充電コード(赤)をバッテリーのプラスにつなぎます。次に、充電器の-側の充電コード(黒)をバッテリーのマイナスにつなぎます。

bch1

②充電器の電源コードをコンセントにさします。

bch3

③充電器の電源をオンにします。一番弱い設定位置にしてください。下の画像では分かりにくいですが、『弱』の位置にしています。

bch4

充電器の設定が必要な場合は、12Vに設定し、1Aほどの低電流を流し、充電します。高い電流で充電すると、バッテリー内の電解液が沸騰してしまうので注意してください。詳しくは、バッテリーに記載されているので、その記述に従ってください。

④バッテリーに書かれた適性電圧になれば、完了です。下の画像には、充電完了とありますが、原付バッテリーの場合、適性電圧は13〜14Vあたりです。

bch2

初期充電も操作は同じ

新品バッテリーで、推奨されている初期充電ですが、補充電と操作は同じ。違いは時間くらい。

初期充電の場合は、5時間~10時間ほどでOK。

過充電には気をつけてください。

またコードをつないで、電源を押すだけでオートで初期充電を完了してくれるバッテリーチャージャーもありますよ。

おすすめのバッテリーチャージャー

僕がオススメするバッテリーチャージャー(充電器)は、『セルスター(CELLSTAR) バッテリー充電器12V専用 DRC-300』です。

このバッテリーチャージャーをオススメする理由は、

  • コンパクトで軽い
  • バイクから小型自動車まで対応
  • バッテリーの状態を診断しながら最適な充電をしてくれる
  • 過充電の心配がない
  • 使用方法はすごく簡単

誰でも安心なところが一番重要ポイント。 バッテリーに繋いでコンセントに差したら充電モードを選ぶだけでとっても簡単に使えます。そのうえ、8段階自動充電制御でバッテリーの状態を診断しながら最適な充電を行ってくれる。充電終了後もコンセントに差したままでOKなので、ズボラな方にも安心です。

⇒詳細はコチラ

スポンサーリンク