スズキ・エブリィのスライドドア・アウターハンドルの交換方法


img_1061

スズキ・エブリィの弱点の一つが「リア・スライドドアのアウターハンドルの破損」。アウターハンドルとは、ドアを開ける”取っ手(ノブ)”のこと。

スライド・ドアは非常に重く、開閉時にアウターハンドルに負担がかかります。結果、経年劣化もともなって、アウターハンドルは破損してしまいます。

今回、僕がアウターハンドルを交換したエブリィワゴンの型式は、DA52W。この車以外をお持ちの方も、基本的に構造は同じようなものなので、交換の参考になるかと思います。

アウターハンドルは、なぜ動かなくなるのか?

img_1059

”アウターハンドルの動きが悪くなる”という初期症状をへて、開いた状態から元に戻らなくなります。

原因は、内部で”部品の一部”が破損したから。その破損部品が内部でひっかかり、アウターハンドルの戻りを邪魔します。

img_1079

そして、この破損部品は、アウターハンドルを外さないと取り除けません。こうなってしまったら、どうしようもないので、取り外し・交換が必要になります。

スポンサーリンク

アウターハンドルの取り外し・交換手順

アウターハンドルの交換は、スライドドアの内張りを外しておこないます。

【取り外し・交換手順】
  1. リア・スライドドア(交換する側)のウインドウを下げる
  2. 車のキー(鍵)を抜く
  3. インナーハンドルを外す
  4. 内張りを外す
  5. アウターハンドルを外す
  6. 交換して、元に戻す

取り外しに使った工具類

  • プラスドライバー(中型程度の大きさ)
  • 差し金
  • マイナスドライバー
  • タオル・ウエス
  • 10mmのスパナ
  • ラチェット

img_1125

新旧のアウターハンドルを比較

交換方法を解説するまえに、”新品”と”交換品(今まで付いていたもの)”を比較したいと思います。

新品のアウターハンドル

僕は、当初、ヤフーオークションで安く落札して、それを取り付けようと考えていました。ヤフオクの価格の相場は、送料込みで2,500円〜4,500円程度です。

新品の価格も知りたかったので、スズキのディーラーに行き、確認をとってみると、5,562円(税込)。ちなみに製品名は「リヤドアアウタハンドル、ライト(型番:82830-77A01-[カラー番号])」。

中古(ヤフオク) 2,500円〜4,500円
新品 5,562円

あなたなら、どちらを選択しますか?

僕は新品を選択しました。理由は簡単です。中古は、同様の症状が出る可能性があり、”結果として損をするかもしれない”と考えたからです。価格差も数千円ですしね。

購入した新品パーツがこちら↓。

img_1071

新旧比較

画像ではわかりにくいですが、色合いや質感は若干違います。

img_1075

img_1076

破損部品を取り除くと、普通に稼働します。もしかしたら、破損部品さえ取り除けば、新品に替える必要はないのかもしれません。

スポンサーリンク

アウターハンドルの交換方法を解説します

まずは、作業をしやすくするために、ウインドウを下げておきます。また、内張りの中に電気配線があるので、安全のために車のキーも抜いておいてください。

インナーハンドルを外す

アウターハンドル交換の難関が、インナーハンドル(内側の取っ手)を外すこと。難関が最初にやってきます。通常は、ここで諦めて、ディーラーなどにお願いするのではないでしょうか。

インナーハンドルの外し方は、色々とあるとは思いますが、僕は差し金(直角モノサシ)を使いました。ちなみにマイナスドライバーを使う人も。

作業前に、インナーハンドルの構造をチェックしてください。

img_1115

img_1118

上記の画像のようにピンで固定されています。このピンを差し金を使って外します。

img_1124

差し金をスキマにさし込み、下方向に動かします。すると、ピンが外れてくれます。この際、しっかりと差し金がピンに力がかかるように動かしてください。差し金がピンに当たっていないと外れませんよ。

外れたあとは、ピンを無くさずに保管してください。

内張りを外す

次に内張りを外します。

内張り外し作業は、スライドドアが開いている方がしやすいです。

再度、ピンを付けていないインナーハンドルを差し込めば、ドアを開けることができます。

必ず、ピンが付いていないインナーハンドルを差し込んでください。でないと、またインナーハンドルを外すはめに…

内張りは、下の画像のように、10箇所のクリップで固定されています。画像の位置を確認しながら、少しずつ力をかけて、外してください。通常、指を内張りの間に入れていくと、簡単に引っこ抜けます。

img_1095

img_1104

クリップが抜けたあとは、内張りは、上に動かせば外れます。

でも、ここで注意。ウインドウ開閉ボタンのコネクターを外す必要があります。

img_1099

下の画像で書いているように、矢印の箇所を爪で押しながら、コネクタを引き抜いてください。そうすれば、外れます。

img_1097

コネクターを外せば、内張りは外せます。

クリップが車体側に付いたままになることがありますが、クリップを引っ張って外して、内張り側に取り付けてください。ニッパーやハサミを使って、軽くコジると簡単に外れます。

ドアロックピンは、回すと簡単に外れます。邪魔なようなら、外しましょう。

img_1108

スポンサーリンク

アウターハンドルを外す

内張りを外すと、アウターハンドルをやっと外せます。

まずは、外したアウターハンドルの裏側を見てください。アウターハンドルは、2箇所のボルトで固定されています

outerh

内張りを外すと、黄色の防水カバーがついています。赤丸の箇所しか作業をしないので、その周辺のみの防水カバーをハガします。

img_1093

そして、アウターハンドルの固定ナットを外すため、作業スペースを確保します。下の画像の上の3箇所の六角ボルト(10ミリ)と下の2箇所のプラス・ネジを取り外します。

img_1091

実際のところ、上記の5個のボルト・ネジを外しても、十分な作業スペースは確保できません。狭いスペースでの作業になりますので、大変です。

固定ナットをあやまって落とすと、大変なことになります。僕は、タオルを下に入れて、ナットが落ちた場合の対策を取りました。

img_1065

アウターハンドルの2箇所のナットを外したあとは、ワイヤーも外します。

img_1067

ワイヤーの赤い箇所を手前に引き抜きます。あとは先端の引っ掛かりを外せばOK!

img_1068

img_1069

ワイヤーは見失わないように、どこかに引っ掛けておきましょう。

img_1082

外すと案の定、汚れていました。

スポンサーリンク

新品のアウターハンドルを取り付ける

新品のアウターハンドルですが、取り付けは、下のナットから取り付けます。仮止めなので、外れない程度でOK。そして、上のナットを取り付け、下のナットの本締め。

img_1084

ワイヤーは、先端から引っ掛け、赤い部分を押し込みます。

img_1085

img_1086

次に、作業スペース確保のために外した5個のボルト・ネジを取り付けます。

おそらく、ドアロックピンが下に落ちていると思いますので、まず、それを元の位置に戻します。

img_1087

そして、下の2個のネジを先に固定します。その後、上の3個のボルトを固定します。

img_1089

内張りを元に戻す

内張りを取り付ける際の注意点は3つ。

  • 固定クリップがすべて内張り側についている
  • ウインドウ開閉ボタンのコネクターを忘れずにつける
  • 防水カバーの「くり抜き穴」に固定クリップを通す

まず、固定クリップをすべて内張り側に取り付けます。

img_1105

忘れがちなのが、”防水カバーの「くり抜き穴」のこと”。

黄色い防水カバーには、下の画像の赤丸の位置は、「くり抜き穴」があり、固定クリップを通す必要があります。忘れないように意識して、クリップを押し込んでください。防水カバーは重要ですよ。

img_1092

内張りの取り付けは、まず上部を引っ掛けることから始めます。そして、横からクリップを押し込みます。防水カバーの件を忘れずに。

img_1101

そして、終了です。

最後にスライドドアとウインドウの開閉チェックを忘れずに。

スポンサーリンク