【スーパーフード】ビーポーレンで花粉症対策!健康成分や味、食べ方は?


ハチに関連した健康食品は多いですが、オススメしたいのが「ビーポーレン」。花粉症の改善でも話題のスーパーフードです。

kafunbee3

以下で『スーパーフード・ビーポーレンで花粉症対策!健康成分や味、食べ方』をご紹介します。

スポンサーリンク

ビーポーレンとは

ビーポーレンとは、ビー(みつばち:bee)のポーレン(花粉:pollen)で、「みつばちが集める花粉」のこと。ハチ由来の健康食品には、蜂蜜やローヤルゼリーなどがありますが、花粉にも健康効果があります。

ミツバチは、体内から分泌した酵素で花粉を固めて、団子状にしてから巣に持ち帰ります。この花粉をフリーズドライ加工したものが、「ビーポーレン」になります。

発祥地 エジプト、ギリシャ
主な産地 スペイン、ニュージーランド
販売形状 粒状

ビーポーレンの健康成分とは

ビーポーレンは、アメリカやヨーロッパなどでは「パーフェクトフーズ(完全食品)」とも呼ばれます。

なぜなら、人の体を構成する20種類のアミノ酸をすべて含んでおり、さらに人が生命活動を行合うために必要な6大栄養素(ビタミン・ミネラル・タンパク質・脂質・炭水化物・食物繊維)の全てがバランス良く含まれている為です。栄養素だけでも約90種類を超えています。

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

注目すべきはそれだけでなく、「花粉症の対策にもなる」といわれていること。

花粉症の改善効果

kafunbee2

アメリカでは、ビーポーレンを使ったアレルギー症状を抑える研究がされています。

ビーポーレンを少しずつ取り込むことで体を花粉に慣れさせて、花粉症をはじめとするアレルギーの発症を抑えるというもの。

実際、ビーポーレンを食べるようになってから、花粉症が改善されて「楽になった」という声が多数あります。毎年、花粉シーズンに”目・鼻の違和感で仕事や勉強に集中できない”という悩みがあるなら、ビーポーレンは、あなたの味方になってくれるかもしれません。

ビーポーレンの味は?

ビーポーレンは、「甘さを抑えた蜂蜜のような味」、「ほろ苦」、「薬っぽい」とよく言われます。人それぞれの感じかたが違います。

おそらくですが、ミツバチが取ってくる花粉によって、味が変わるのかもしれません。ミツバチが暮らす場所に咲く花は、同じではないですかね(笑)

ビーポーレンの食べ方

そのままの状態でつまんで食べても大丈夫♪でも粉っぽさが気になる人も。

前述のようにビーポーレンの味は、賛否両論で有名。でも本当に体に良い食べ物なので、味で敬遠するのはモッタイナイ!

そのような場合は、ヨーグルトなどのトロミのある食べ物に混ぜると、気になりにくいので、より美味しく食べれるようになります。

【注意】

健康成分を有効に摂取するため、また焦げやすいので、加熱はしないほうがGOOD。加熱する食べ物に加える場合は、加熱処理後に混ぜてください。

オススメの食べ方

前述のように何かに混ぜることがオススメ。人気があるのは、ヨーグルトやグラノーラに混ぜて食べる方法。またジャムに混ぜて、食パンのお供に。

  • スムージー
  • ヨーグルト
  • グラノーラ
  • ジャム

さらにビーポーレンは、サラダやシリアルのトッピングとしても使えます!

アレルギー症状を引き起こすことも

ピーポーレンは、まれにですが、アレルギー症状を引き起こすことがあります。少量から始めて、様子を見ながら、食べてくださいね。

オススメのピーポーレン

ピーポーレン選びのポイントは、非加熱で、有機JASやヨーロッパ有機栽培認定のオーガニック(有機)な製品を選ぶこと。

花粉なだけに信用できない製品は、やっぱり怖いですよね。


⇒『オーガニックビーポーレン(有機ミツバチ花粉)』の詳細はコチラ


⇒『有機JAS認定 オーガニックビーポーレン(有機ミツバチ花粉)』の詳細はコチラ

飲みやすいカプセルも販売されています。


⇒『オーガニック ビーポーレン カプセル』 の詳細はコチラ

スポンサーリンク